ご予約・お問合せ 平日10:00~17:00
お電話03-5280-0086

>資料請求はこちら

>アクセスマップ

メニュー

×閉じる

医療の略語シリーズ①『CR、PR、PD、SDってなに??』
瀬田クリニック東京 コンシェルジュスタッフブログ

2020年10月9日

みなさま、こんにちは。
瀬田クリニック東京コンシェルジュスタッフです。
心地よい秋風が吹き抜ける秋天の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回は医療現場の略語についてお話したいと思います。
医療の略語は、医療現場におりますとよく見聞きします。
語学と同じで、知らないと全く意味がわからないです。
そのような時はネットで調べたり、医師や看護師に教えてもらったりします。

まず本日は、医療の略語シリーズ①として、
がん治療効果の指標を表す『がん治療の効果測定基準~CR、PR、PD、SD~』についてご紹介します。

CR(complete response) 完全奏効 がんの兆候がすべてなくなる(必ずしも治癒ではない)
PR(partial response) 部分奏効 状態が改善した
PD(progressive disease) 進行 状態が悪化した
SD(stable disease) 安定 変化が見られない

国立がん研究センター「がん情報サービス」HPの用語集参照

CRはシーアール、PRはピーアール、PDはピーデー、SDはエスデーと言い、
がん治療を行う中で、みなさまもお聞きになられたこともあるかもしれません。
医師達が使用するRECISTによる腫瘍縮小効果の判定に使用する規準の定義というのもありますが、こちらは難解です。上の説明がわかりやすいと思います。
これからこのような医療の略語を、少しずつみなさまにご紹介したいと思います。

◆関連記事
【食道がん】PRの症例をご紹介します。
治療成績
症例紹介

◆過去のコンシェルジュスタッフブログ
瀬田クリニック東京の待合室をご紹介します!
江戸時代に免疫治療を行った“世直し大明神”・江川太郎左衛門をご存じですか?

このページの先頭へ

 
このページの先頭へ

×閉じる

7月7日(木)・7月23日(土)開催開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】
×閉じる
7月7日(木)・7月23日(土)開催開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】