ご予約・お問合せ 平日10:00~17:00
お電話03-5280-0086

>資料請求はこちら

メニュー

×閉じる

2DG・キラーT細胞療法

目次

2DG・キラーT細胞療法とは

2DG・キラーT細胞療法とは

本治療は、2-デオキシグルコース(以下「2-DG」)という糖の仲間を加えて細胞培養することで、従来のアルファ・ベータ(αβ)T細胞療法より様々な機能を高めた治療法です。従来のαβT細胞療法で得られる T 細胞と比較して、がん細胞を攻撃する機能が向上し、さらにがん細胞による免疫抑制を回避できるため、従来のαβT細胞療法の改良版として、がんに対する免疫細胞治療の効果の向上が期待されます。
なお、本治療は、株式会社メディネットが特許を保有する細胞加工技術「糖鎖修飾改変 T 細胞(*1)」を用いた細胞治療です。

2DG・キラーT細胞療法は成分採血で実施し、一度に最大6回分の治療用細胞を確保することができます。

それぞれの治療費はこちら

(*1)株式会社メディネット プレスリリース 「「糖鎖修飾改変T細胞」に関する特許が日本で成立」
https://ssl4.eir-parts.net/doc/2370/tdnet/2368155/00.pdf

2DG・キラーT細胞の様々な働き

2DG・キラーT細胞療法で得られるT細胞は、基礎的な研究の結果、以下の特徴が確認されています。

NK細胞の特徴を獲得+免疫細胞の機能制御に重要な細胞表面の糖鎖が変化

その結果、従来のαβT細胞療法で得られるT細胞と比較して、下記のような機能を持つこと(高まること)が確認されています。

1.がん細胞を攻撃する機能の向上

2DG処理したT細胞は、がん細胞を攻撃する物質(パーフォリン/グランザイムB)や、がんに対する免疫反応に重要な物質(IFN-γ、TNF-α、IL-2などのサイトカイン)を多く産生します。

2.がんの目印(がん抗原)に関係なくがん細胞を攻撃する働きの向上

がん細胞は免疫細胞から逃れるため、自身の目印(がん抗原)を隠してしまうことがあります。2DG処理したT細胞は、NK細胞のようにがんの目印(がん抗原)に関係なく(非特異的に)、NKG2Dという物質を介してがん細胞を攻撃する機能が高まります。なお、従来のαβT細胞療法もこの機能自体はあることが確認されています。

がんの目印(がん抗原)に関係なくがん細胞を攻撃する働きの向上

3.がん細胞による免疫抑制の回避機能の向上 など

2DG処理したT細胞は、がん細胞が放出する免疫細胞の働きを抑える物質(ガレクチン)が免疫細胞に結合しにくくなり、その結果、がん細胞を攻撃する働きが維持されます。

がん細胞による免疫抑制の回避機能の向上 など

2DG・キラーT細胞療法の研究データ

当院の2DG・キラーT細胞療法の加工技術

当院の2DG・キラーT細胞療法は、上記の基礎的な研究と同様に従来のαβT細胞療法に比べ、2DG添加群ではIFN-γ、TNF-α、IL-2といったがんに対する免疫反応に重要な因子(サイトカイン)が高い傾向にあることを確認しています。

当院の2DG・キラーT細胞療法の加工技術

2DG・キラーT細胞療法の安全性と治療データ

当院の2DG・キラーT細胞療法は、安全性をみる臨床試験(jRCTc030210184)において重い副作用がなく安全に実施できることを確認しています。

2DG・キラーT細胞療法+樹状細胞ワクチン併用療法

当院では、2DG・キラーT細胞療法と樹状細胞ワクチンを合わせて治療を行います。
2つの治療を併用することで、2DG・キラーT細胞と樹状細胞のそれぞれの効果が相乗的にはたらき、より強力ながん抑制効果が期待されます。また、一度の成分採血で各々の治療が最大6回実施可能となります。そのため、樹状細胞ワクチンと同時に併用し細胞を加工することで、培養費用も大幅に削減することが可能となり、経済的にも負担が少ない治療法となりました。

一度の採血で2DG・キラーT細胞療法とDCワクチンが最大各6回実施可能

当院では症例や治療法の紹介を行う
セミナーを定期的に開催しています
  • がん免疫細胞治療について
    がん免疫細胞治療とは、身体のなかでがん細胞などの異物と闘ってくれる免疫細胞を患者さんの血液から取り出し、人工的に数を増やしたり、効率的にがんを攻撃するよう教育してから再び体内へ戻すことで、免疫の力でがんを攻撃する治療法です。この治療は患者さんがもともと体内に有している免疫細胞を培養・加工してがんを攻撃する点から、他の治療のような大きな副作用はなく、また抗がん剤や手術、放射線治療など他の治療と組み合わせて行うこともできます。治療の種類にもよりますが基本的には2週間おきに採血と点滴を繰り返す治療となります。当院では、治療に用いる細胞の違いや培養方法の違いにより、樹状細胞ワクチン、アルファ・ベータT細胞療法、ガンマ・デルタT細胞療法、NK細胞療法の四つの治療法を提供しています。
  • リスク・副作用について
    免疫細胞治療は患者さん自身の免疫細胞を治療に用いるので、軽い発熱、発疹等が見られる場合がありますが、それ以外は重篤な副作用は見られず、身体への負担がほとんどありません。副作用が少ないため、生活の質、いわゆるQOL(=Quality of Life)を維持しながら治療を続けることも可能です。
  • 費用について
    治療にかかる費用は、1クール(6回~12回投与)実施の場合、治療法にもよりますが¥1,815,000~¥4,911,500が目安となります(初診料、検査費用等は除く)。

このページの先頭へ

 
×閉じる