ご予約・お問合せ 平日10:00~17:00
お電話03-5280-0086

>資料請求はこちら

>アクセスマップ

メニュー

×閉じる

免疫チェックポイント阻害剤の治療後の方を対象とした臨床研究

瀬田クリニックグループでは、免疫チェックポイント阻害剤の治療後の方を対象に、免疫細胞療法(アルファ・ベータT細胞療法)の忍容性(安全性)および有効性を確認する臨床研究を開始しました。

今すぐ対象となる方を確認する

2014年に悪性黒色腫で初めて承認された免疫チェックポイント阻害剤は、私たちの体内に備わっている免疫機能を応用した薬剤であり、現在までに様々ながん種に適応拡大されて多くの患者さんがこの薬剤による治療を受けています。免疫チェックポイント阻害剤によりがんの治療効果は大きく向上しましたが、その一方で、効果が認められずにこの薬剤による治療を終了する患者さんもまだたくさんいらっしゃいます。

その理由としては、がん患者さんにおいてはもともと体内の免疫機能が低下してしまっており、免疫チェックポイント阻害剤の力が十分に引き出せていないのではないかということが考えられます。そこで、私たちは免疫チェックポイント阻害剤と免疫力を高める免疫細胞治療を組み合わせることで、より大きな治療効果が得られるのではないかと考え、これまで臨床研究等によりその併用治療の可能性を探索してきました。

最近、私たちは免疫チェックポイント阻害剤単独では効果が見られず、そのあと免疫細胞治療を実施したところ著効したIV期の腎盂がんの症例を経験しました。免疫細胞治療のみの効果としてはあまりにも急速かつ強力な腫瘍縮小効果であったため、先行して実施した免疫チェックポイント阻害剤が体内に残っていたことによる「免疫チェックポイント阻害剤と免疫細胞治療の併用効果」が得られたのではないかと考えました。

そこで、免疫チェックポイント阻害剤の治療が終了した患者さんに免疫細胞治療を実施し、同様な治療効果が得られることを期待して、本臨床研究を計画することと致しました。
本臨床研究で期待する免疫チェックポイント阻害剤と免疫細胞治療の併用効果につきましては、下記ページに詳しく掲載しておりますのでご確認ください。

免疫チェックポイント阻害剤と免疫細胞療法の併用療法

本臨床研究の対象となる方

本研究の登録には、いくつかの条件がございます。
すべての条件を確認するために、主治医からの診療情報提供書のご準備をお願いしています。

対象となる方
(主な条件)
  1. 3ヶ月以上の免疫チェックポイント阻害剤の治療後であり、標準治療が終了している、または終了予定の方
  2. 免疫チェックポイント阻害剤の最終投与日から100日以内に免疫細胞治療を開始出来る方
  3. 本研究の参加について、主治医の了承が得られている方

詳しくは電話でお問い合わせください。

治療費
本研究における治療費の負担はありません
募集症例数
30例

このページの先頭へ

 

×閉じる

10月15日(土)開催開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】
×閉じる
10月15日(土)開催開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】