ご予約・お問合せ 平日10:00~17:00
お電話03-5280-0086

>資料請求はこちら

>アクセスマップ

メニュー

×閉じる

免疫療法の特徴

全身に広がった進行がんにも適応

がん治療は手術や放射線治療などのように場所を限定した治療法と、抗がん剤、分子標的薬などのように全身に作用する治療法に分けられます。免疫療法は後者に属する治療法であり、したがって、転移や再発によって全身に広がった進行がんにも適応となります。

副作用が少ない

がん細胞だけでなく正常な細胞も攻撃してしまう(細胞毒性を持つ)抗がん剤と比較して、がん細胞のみを狙い撃つ免疫療法は副作用が少ないことが特徴ですが、特に免疫チェックポイント阻害剤においては免疫療法に特有の副作用が問題視されています。

効果が長期間持続する

また、免疫療法は、抗がん剤などと比較して効果を現れるまでに時間がかかる場合がありますが、効果が現れた場合には、効果が長期間持続するといった特徴が報告されています。

免疫療法の種類

このページの先頭へ

 

×閉じる

10/23(土)10:30~開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】
×閉じる
10/23(土)10:30~開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】