ご予約・お問合せ 平日10:00~17:00
お電話03-5280-0086

>資料請求はこちら

>アクセスマップ

メニュー

×閉じる

免疫細胞治療に関する書籍の紹介

家族を守る免疫入門

Amazonでご購入

『はじめに(書籍より抜粋)』と『もくじ』を公開中!!

Contents

  • 第1章 新型コロナを抑え込む「免疫」のすごい実力
  • 第2章 「ワクチン」とは何か? 感染症を防ぐしくみ
  • 第3章 自分の体を攻撃する「免疫の異常」とは
  • 第4章 「がん」を撃退する免疫療法の最前線
  • 第5章 免疫を元気にして家族の健康を守る

『自分の細胞で治す 女性が知っておきたい最先端がん治療』

book_ganchiryo共著
瀬田クリニックグループ統括院長 後藤 重則 医師
がん研有明病院 元副院長/前婦人科部長 瀧澤 憲 医師
監修 ※乳がん部分
日本医科大学乳腺外科前教授 日本乳癌学会元会長 芳賀 駿介 医師
PHP研究所 1,500円(税別)ISBN : 978-4309252339

Contents

  • 第1章 知られていない女性のがん検診事情 ―手遅れにならないための知恵―
  • 第2章 自分の細胞を使って行う治療法
  • 第3章 女性のがんの標準治療
  • 第4章 標準治療と免疫細胞治療
  • 第5章 女性特有のがんと免疫細胞治療 ―乳がん、子宮がん、卵巣がんの治療例―
  • 第6章 女性に増えているがんと免疫細胞治療 ―肺がん、大腸がん、膵臓がんの治療例―

Amazonでご購入

『がん治療 体にやさしい医療への潮流』

book_ganchiryo東京大学名誉教授 江川滉二 著
河出書房新社 1,575円(税込) ISBN 978-4-344-99628-1
目次
プロローグ 苦しまず、諦めない これからの進行がん治療
第一章 がん治療はどこまで進歩しているのか
第二章 抗がん剤治療しか選べないという不幸
第三章 身体にやさしいがん治療
第四章 免疫細胞治療は「進行がん」にどう効くのか
第五章 「最善最良のがん治療を」 基礎医学者のあくなき挑戦
エピローグ がん治療の新しい常識が見えてきた

「抗がん剤しかないために追い詰められてしまった患者さん方を、座視していることはできない」。そう感じ、当院を創設した著者・江川滉二東大名誉教授の過去10年間のがん治療の経験と、治療法の進歩の記述が、本書の主軸である。(本書「前書きにかえて」より)

このページの先頭へ

 

×閉じる

10/23(土)10:30~開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】
×閉じる
10/23(土)10:30~開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】