ご予約・お問合せ
平日10:00~17:00
お電話03-5280-0086

>アクセスマップ

メニュー

×閉じる

瀬田クリニック東京

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル 3F MAP

  • JR中央線(快速)・中央総武線(各駅停車)「御茶ノ水駅」下車 御茶ノ水橋口徒歩2分
  • 東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」下車  出入口2番より徒歩4分
  • 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」下車  B1出口より徒歩4分
  • 東京メトロ半蔵門線、都営新宿線・三田線「神保町駅」下車 A5出口より徒歩8分

03-5280-0086(平日10:00~17:00)

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

オーダーメイドがんワクチンである「ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン」

瀬田クリニックグループでは、ネオアンチゲン樹状細胞ワクチンの安全性に関する臨床研究において「安全に治療を実施できたことが確認」されたため現在、「ネオアンチゲン由来ペプチド感作樹状細胞ワクチンの有効性を検討する研究」*を通じて本治療を提供しています。
なお、本治療は「有償研究」として実施していますので予めご了承ください。

*1 厚生労働省に届け出受理済み
*2 臨床研究実施計画番号:jRCTc030190182

目次

ネオアンチゲンとは

ネオアンチゲン(neoantigen:neo=新しい、antigen=抗原)とは、がん細胞のみが持ち、かつ、患者さんごとに異なる「がん固有の抗原(目印)」です。
がん細胞は、通常の細胞が分裂する際に、細胞内の遺伝子がコピーミスを起こすことによって発生します。よって、がん細胞は“遺伝子の変異(キズ)“をたくさん持っています。
この遺伝子のキズにより、新たにがんの目印(ネオアンチゲン)ががん細胞の表面に出現します。遺伝子にキズが入る部位は何億ヶ所も存在するためキズの部位は患者さんごとにまったく違います。そのため、ネオアンチゲンは患者さん一人ひとりで異なるという特徴があります。

ネオアンチゲンとは

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチンとは

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチンとは、人工的に作製したネオアンチゲンを樹状細胞にがんの目印として取り込ませる治療法です。ネオアンチゲンの作製には、患者さんのがん組織を用いてすべてのゲノムの解析による遺伝子検査を行い、発生している遺伝子の変異を特定する必要があります。
>>樹状細胞ワクチンの詳細についてはこちら

がん組織内で新たに発現するネオアンチゲンは強力な免疫反応を引き起こすことが知られており、このネオアンチゲンを利用する樹状細胞ワクチンは高い効果が期待されます。また、遺伝子解析により患者さんお一人おひとりの最適なネオアンチゲンを作製し使用するため、ネオアンチゲン樹状細胞ワクチンは遺伝子レベルで個別化された究極のオーダーメイドワクチンと言えます。

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチンとは

従来の樹状細胞ワクチンとの違い

従来の樹状細胞ワクチンに使用している抗原(WT1などの目印)は、多くの患者さんに共通して発現する「共通抗原」といわれます。当院はさまざまな種類の共通抗原を用意していますが、がんの種類や進行度などによって、これら共通抗原は発現する方としない方がいることが分かっています。そこで当院では、これら共通抗原が患者さんのがん細胞に発現しているかどうかを事前に検査で確認いたします。検査の結果、共通抗原が発現していない方は、樹状細胞ワクチン以外の治療を推奨いたします。
>>検査に基づく最適な治療法の選択についてはこちら

一方、ネオアンチゲン樹状細胞ワクチンは、個々の患者さんのがん細胞の遺伝子異常を解析し、患者さんのみにしか存在しないネオアンチゲンを見つけ出してワクチンに使用するため、がんの種類や進行度などにかかわらずより多くの(ほぼすべての)患者さんに適応いたします。

従来の樹状細胞ワクチンとの違い

また、従来の共通抗原はがん細胞に多く発現しているものの、がんではない細胞(正常細胞)にもわずかに発現する特徴があります。このため、従来の共通抗原を使った樹状細胞ワクチンでは、免疫細胞が一部の正常細胞を攻撃することで副作用が発生する可能性があります。
また、共通抗原に対しては「免疫寛容※」が働くことにより、がんに対するリンパ球による攻撃力が制限されると言われています。

※免疫寛容=免疫が自分の「正常細胞」を攻撃しないように攻撃力を弱める仕組みのこと

一方、ネオアンチゲンはがん細胞のみに発現するため、ネオアンチゲンを使った樹状細胞ワクチンでは、正常細胞は免疫細胞による攻撃を受けず、より副作用が少なく安全に治療できると考えられています。また、免疫寛容による抑制もないため、より強力な免疫反応を引き起こすことが報告されています。

従来の樹状細胞ワクチンとの違い

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン治療の流れ

1 がん組織の入手
 ※腫瘍組織は、ホルマリン固定や未固定問いません。
 ※がん細胞の入手方法については当院までご相談下さい。
2 遺伝子変異抗原検査の実施、ネオアンチゲンの特定
3 ネオアンチゲンペプチドの合成
4 樹状細胞の採取
 アフェレーシス(成分採血)という方法で、
 体外で血液を循環させながら必要な細胞成分のみを採取します。
5 ネオアンチゲン樹状細胞ワクチンの製造
6 ネオアンチゲン樹状細胞ワクチンの投与
 がんのある部位や周囲のリンパ節に注射で投与します。
 アフェレーシスで得られた細胞の量によって、治療回数が決まります(6回~12回)。

治療対象となる方

瀬田クリニック東京では、ネオアンチゲン樹状細胞ワクチンを臨床試験として実施しています。本試験に登録いただくにあたっては、いくつかの条件が必要となります。
予めご確認をお願いいたします。

【治療の対象となる方】

 1. 画像所見、あるいは病理診断等から悪性腫瘍と診断されている方
 2. 当院でがん変異抗原解析検査を受け、腫瘍組織から遺伝子解析を実施できた方
上記以外の条件について、当院までご相談ください。

なお、本治療は「有償研究」として実施していますので予めご了承ください。

ネオアンチゲン樹状細胞ワクチン実施施設
(当院と連携している全国の連携医療機関)

以下の連携医療機関のみ、瀬田クリニック東京が実施しているネオアンチゲン樹状細胞ワクチン療法と同様の免疫細胞治療を受診できます。瀬田クリニック東京と緊密に連携を取りながら治療を提供していますので、最寄りのクリニックへ直接ご予約も可能です。

北海道 lsi_image.jpg

医療法人 新産健会 LSI札幌クリニック 【特定連携医療機関】

所在地:
〒065-0013 北海道札幌市東区北13条東1丁目2番50
TEL:
011-731-6669011-731-6669(平日10:00〜17:00)
大阪 makita_image

北大阪メディカルクリニック(瀬田クリニック大阪を承継)【特定連携医療機関】

所在地:
〒564-0063 大阪府吹田市江坂町5-14-13
TEL:
06-6378-008606-6378-0086
石川 image61.jpg

医療法人社団 金沢先進医学センター 免疫細胞治療

所在地:
〒920-0934 石川県金沢市宝町13-1 金沢大学附属病院 敷地内
TEL:
076-255-3413076-255-3413(予約専用:0120-960-186(無料))
滋賀 image20.jpg

竹岡診療所

所在地:
〒525-0050 草津市南草津2丁目4-10 ベーネ南草津1F
TEL:
077-567-5211077-567-5211
広島 image15.jpg

医療法人 つかさ会 高橋メディカルクリニック

所在地:
〒730-0051 広島県広島市中区大手町3-13-29 メディオコート大手町2F
TEL:
082-504-1131082-504-1131
福岡 image10.jpg

福岡メディカルクリニック(瀬田クリニック福岡を承継)【特定連携医療機関】

所在地:
〒812-0025 福岡県福岡市博多区店屋町6-18 ランダムスクウェア5階
TEL:
092-281-0511092-281-0511

ネオアンチゲンに関して、当院が取材協力した動画が掲載されています

inspection_bnr.png

このページの先頭へ

 

×閉じる

12/19(土)15:00~ オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】
×閉じる
12/19(土)15:00~ オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】