メニュー

×閉じる

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

免疫チェックポイント阻害剤と免疫細胞治療の併用に関する臨床研究を開始致しました。

私たち自身が持つ免疫機能を応用した免疫療法(免疫細胞治療)は、これまでも当院を始めとした多くの医療機関や研究機関で実施されてきました。そんな中、2014年にオプジーボ®(一般名:ニボルマブ)など、免疫チェックポイント阻害剤という新しい「免疫治療薬」が世界各国で承認され、現在でも適用疾患が次々と拡大するなど、がん治療における“免疫”の重要性が世界的な注目を集めています(注1)。

今回、当院では、免疫チェックポイント阻害剤と、従来より実施している免疫細胞治療(アルファ・ベータT細胞療法)とを併用した際の安全性および有効性、免疫学的な反応性を評価・検討するための臨床研究を開始致しました。

免疫チェックポイント阻害剤とは

そもそも、がんの克服を目指す患者さん・がん専門医から高い期待を集めている新しい免疫療法・免疫チェックポイント阻害剤とは、どのような治療なのでしょうか。

人間の体にはがん細胞を攻撃する免疫機能が備わっています。しかし、がん細胞が手ごわいのは、免疫の攻撃に対してバリア(検問所=チェックポイント)を設けてしまい、免疫からの攻撃をブロックして自分自身を守ってしまうことにあります。

がん細胞は、バリアを作って免疫の動きを抑制してしまう

このバリアを解除する薬剤が免疫チェックポイント阻害剤です。バリアの役割を担うたんぱく質「PD-1」や「CTLA4」の働きを阻害することで、がん細胞がもつバリアを解除します(注2)。バリアを失ったがん細胞は、免疫細胞の攻撃をかわすことができなくなります。

免疫チェックポイント阻害剤

免疫チェックポイント阻害剤と免疫細胞治療の併用で相乗効果を

長年の研究により、この薬剤だけでも、がんに対する治療効果向上が期待できることがわかってきました。しかし、この免疫治療薬ですべてのがん患者さんを治せるというわけではありません。なぜなら、がん患者さんの免疫機能はかなりのレベルまで弱っており、免疫の攻撃力自体にも大きな問題があるからです。

がん患者さんの免疫機能が弱っていると・・・

そこで、がん細胞のバリアを解除する免疫チェックポイント阻害剤と、当院が従来より提供してきた免疫の攻撃力を高める治療(免疫細胞治療)を組み合わせることで、より大きな治療効果が得られると期待されます。

免疫チェックポイント阻害剤+免疫細胞治療

このように、免疫チェックポイント阻害剤と免疫細胞治療を併用することで、より高い抗腫瘍効果が期待されます。このような観点から、今回、免疫チェックポイント阻害剤と免疫細胞治療を併用した際の安全性や有効性・ならびに免疫反応を検証する臨床研究を開始致しました(注3)。なお、免疫チェックポイント阻害薬の費用と、研究目的の検査費用の部分は、患者さんにご負担いただくことなく、当院で負担します。

適格条件を満たす患者さんであれば、今回の臨床研究にご参加いただけます。
※実施施設は、瀬田クリニックグループ(東京、新横浜、大阪、福岡)のみとなります。
ご興味のある方は、こちらまでお問い合わせください

当院ではこれまでも、体内の免疫反応を強めるためには、免疫の攻撃力を阻害する働きを解除することが重要であると考え、研究を続けて参りました。免疫チェックポイント阻害剤の登場は、その着眼点が間違っていなかったことを示すと共に、従来から実施している免疫細胞治療との併用により、更に治療効果が高まることを期待しています。

(注1)
この新しい免疫療法に関する成果は世界のがん研究者から注目を浴びており、アメリカの有力科学誌「サイエンス」が、2013年のブレークスルー・オブ・ザ・イヤー(科学においてのその年のもっとも画期的な進展)に「がんに対する免疫療法」を挙げたほどです。現在、米国や欧州など世界の製薬会社大手がこぞってこの仕組みを使った免疫薬の開発を加速させています。
この免疫チェックポイント阻害剤は「ニボルマブ」、「KEYTRUDA」などの商品名で販売されています。免疫が働きやすい悪性黒色腫で最初に承認され、その後、米国では肺がんでも承認され(日本では承認申請中)、現在、膀胱がん、頭頸部がん、胃がんをはじめとした多くのがんで臨床試験が進行中です。海外の医学専門雑誌に発表された論文では、肺がんのセカンドライン治療として、これまでの抗がん剤とニボルマブを比較した場合、治療開始一年後の生存率がニボルマブで大きく向上したとの報告がなされています*。また、薬を止めた後も長期的にわたって効果が持続する人がいることもわかってきました。
* Nivolumab versus Docetaxel in Advanced Squamous-Cell Non–Small-Cell Lung Cancer
Julie Brahmer, M.D., Karen L. Reckamp, M.D., Paul Baas, M.D., Lucio Crinò, M.D., Wilfried E.E. Eberhardt, M.D., Elena Poddubskaya, M.D., Scott Antonia, M.D., Ph.D., Adam Pluzanski, M.D., Ph.D., Everett E. Vokes, M.D., Esther Holgado, M.D., Ph.D., David Waterhouse, M.D., Neal Ready, M.D., Justin Gainor, M.D., Osvaldo Arén Frontera, M.D., Libor Havel, M.D., Martin Steins, M.D., Marina C. Garassino, M.D., Joachim G. Aerts, M.D., Manuel Domine, M.D., Luis Paz-Ares, M.D., Martin Reck, M.D., Christine Baudelet, Ph.D., Christopher T. Harbison, Ph.D., Brian Lestini, M.D., Ph.D., and David R. Spigel, M.D.
N Engl J Med 2015; 373:123-135July 9, 2015DOI: 10.1056/NEJMoa1504627

(注2)
人間の身体には、がんなどの異常細胞を攻撃する免疫機能が備わっています。しかし、その攻撃が行き過ぎると、正常な細胞にまでダメージを与えてしまう危険があるため、免疫にはその攻撃を自ら制御する仕組みが備わっています。その仕組みの1つが免疫チェックポイントです(この仕組みが上手く働かない例が、関節リウマチや花粉症などの自己免疫疾患です)。免疫チェックポイントに働く分子はいっぱいありますが、PD-1, CTLA4などが代表です。「PD-1」および「CTLA4」と呼ばれるたんぱく質は、免疫の攻撃が始まってしばらくすると、攻撃を担う免疫細胞「T細胞」の表面に出てきます。それが、T細胞に指令を出す別の免疫細胞「抗原提示細胞」の表面にある特定のたんぱく質と結合すると、攻撃中止の指令がT細胞に伝わります。一方、がん細胞自体も、PD-1と結合するたんぱく質(PD-L1)を表面に出していて、T細胞に攻撃を中止させてしまいます。

(注3)
再生医療等安全性確保法に基づき、認定再生医療等委員会での承認を経て、2017年9月に関東信越厚生局への届出を行いました。また、下記の通りUMIN(大学病院医療情報ネットワーク研究センター)へ登録しております。
UMINセンター試験ID:UMIN000028756

このページの先頭へ

 
×閉じる