ご予約・お問合せ
平日10:00~17:00
お電話03-5280-0086

>アクセスマップ

メニュー

×閉じる

瀬田クリニック東京

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル 3F MAP

  • JR中央線(快速)・中央総武線(各駅停車)「御茶ノ水駅」下車 御茶ノ水橋口徒歩2分
  • 東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」下車  出入口2番より徒歩4分
  • 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」下車  B1出口より徒歩4分
  • 東京メトロ半蔵門線、都営新宿線・三田線「神保町駅」下車 A5出口より徒歩8分

03-5280-0086(平日10:00~17:00)

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

インフルエンザにかかっている時は新型コロナウイルスにかからないの??
瀬田クリニック東京 コンシェルジュスタッフブログ

2020年10月14日

みなさま、こんにちは。
秋雨が続き日増しに寒くなってまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
私は、今日、インフルエンザの予防接種をいたしました。
それで思い出したのですが、先日ふと、こんなことを耳にしました。
『インフルエンザにかかったら、新型コロナウイルスにはかからないんだよ』と…。
そんなことがあるのか疑問に思い、先生に伺ってみました。

これは『ウイルス干渉』と言って一つのウイルスに感染すると、自然免疫が誘導されるために、他のウイルスには感染しづらくなる現象で、例えばインフルエンザで自然免疫が活性化されていれば、新型コロナウイルスには多少なりともかかりにくくなる可能性があるかもしれないそうです。ただ、これはこの冬を越して検証しないとわからないとも。

一瞬、『インフルエンザになったら新型コロナウイルスにかからないのかぁ。よかったぁ。』と思う自分がいましたが、『いやいや、どちらにもかかりたくない!』ので、引き続き手指消毒、うがい、マスク着用など基本の感染予防対策をしっかりしようと思います。

気温や湿度が低くなると、インフルエンザが流行しやすくなります。
同様の気象条件で新型コロナウイルスも活動が活発化しやすくなりますので、
みなさまも、インフルエンザ予防接種や感染予防対策をして御身体ご自愛ください。

◆あわせて読みたい関連記事
免疫療法とは

このページの先頭へ

 
このページの先頭へ
×閉じる