ご予約・お問合せ
平日10:00~17:00
お電話03-5280-0086

>アクセスマップ

メニュー

×閉じる

瀬田クリニック東京

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル 3F MAP

  • JR中央線(快速)・中央総武線(各駅停車)「御茶ノ水駅」下車 御茶ノ水橋口徒歩2分
  • 東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」下車  出入口2番より徒歩4分
  • 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」下車  B1出口より徒歩4分
  • 東京メトロ半蔵門線、都営新宿線・三田線「神保町駅」下車 A5出口より徒歩8分

03-5280-0086(平日10:00~17:00)

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

医療の略語シリーズ②『ICIってなに??』
瀬田クリニック東京 コンシェルジュスタッフブログ

2020年10月21日

みなさま、こんにちは。
瀬田クリニック東京コンシェルジュスタッフです。
すっかり肌寒くなり、お天気キャスターさんの話では、明日はコートが必要になるくらい寒くなるとのことでした。
さて今回は、医療の略語シリーズ②『ICIってなに?』についてご紹介したいと思います。

ICIは、Immune Checkpoint Inhibitorの略で、免疫チェックポイント阻害剤を意味します。免疫チェックポイント阻害剤であれば、みなさまもお聞きになられたことがあるかもしれません。もしくは、オプジーボやヤーボイ、キイトルーダなどの薬剤名をご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

がん細胞はとても賢くて、免疫細胞の攻撃をかわそうとしています。がん細胞は、がん細胞を強力な殺傷能力で攻撃する細胞傷害性T細胞(CTL)に手出しされないよう、このCTLの活動力を抑えてしまう免疫チェックポイントという仕組みを持っています。
この仕組みを発動できないようにすれば、再度、CTLががん細胞を攻撃できるようになります。このがん細胞の持つ免疫チェックポイントという仕組みをストップさせるのがICI=免疫チェックポイント阻害剤と呼ばれる物質で、抗PD-1抗体(オプジーボ)、抗PD-L1抗体、抗CTLA-4抗体などがあります。こちらについての詳しい解説は少し長くなりますので、またの別の機会でお話したいと思います。

みなさま、気温の変化にはどうかお気をつけて、御身体ご自愛ください。

◆あわせて読みたい関連記事
免疫チェックポイント阻害剤(抗PD-1抗体)の登場で再び脚光を浴びる免疫療法
免疫チェックポイント阻害剤と免疫細胞治療の併用治療
免疫療法の戦略(免疫サイクルと免疫逃避機構)

このページの先頭へ

 
このページの先頭へ

×閉じる

12/19(土)15:00~ オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】
×閉じる
12/19(土)15:00~ オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】