ご予約・お問合せ 平日10:00~17:00
お電話03-5280-0086

>資料請求はこちら

>アクセスマップ

メニュー

×閉じる

よくあるご質問をご紹介します⑥『がん免疫療法に副作用はありますか?』
瀬田クリニック東京 コンシェルジュスタッフブログ

2022年8月1日

みなさんこんにちは。
本日はよくあるご質問シリーズ⑥をお届けしたいと思います。

質問
Q. がん免疫療法に副作用はありますか?
回答
A. 従来の化学療法のような副作用は見られませんが、がん免疫療法にもいくつか種類があり、注意が必要なものもあります。

がん免疫療法とは、患者さんの体内のがん細胞に対する免疫の反応を応用して、病気をよくしようという治療の総称です。現在行われている免疫療法は3つに大別され、それぞれで副作用の出方は変わってきます。

一つ目は、がん細胞だけがもつ目印(がん抗原)をねらう免疫反応を利用する治療です。
樹状細胞ワクチン療法やがんワクチンなどが該当します。これらは、がん細胞のみを狙い撃つので、正常な細胞には影響がなく、理論的にも副作用はほぼないと言えます。

二つ目は、体内の免疫全体を高める治療で、がん細胞が目印を隠している場合などに選択されます。血液中の免疫細胞を体外で増殖・活性化し、体に戻す活性化自己リンパ球療法(NK細胞療法アルファ・ベータT細胞療法など)が該当します。この治療は免疫全体を増強しますので、がん細胞を攻撃する以外の免疫の働きも高める可能性があります。

このご質問についてのさらに詳しい解説は、パンフレットに同封されている『がん免疫療法Q&A』に掲載されています。

Q&A冊子

また、瀬田クリニック東京ではオンラインでの治療説明会(参加費無料)も毎月実施しています。免疫細胞治療についてわからないことがありましたら、医師に直接ご質問いただくことも可能です。

セミナー

それでは、また次回のクリニック通信でお会いしましょう!

◆併せて読みたい関連記事
-免疫細胞治療とは
-免疫細胞治療の特徴について

◆最新記事
-当院と連携している全国の連携医療機関【北海道編】
-免疫チェックポイント阻害剤【ドスタルリマブ】直腸がんに対する完全奏功率100%の驚異
-「痛み」について
-水際対策緩和

このページの先頭へ

 
このページの先頭へ

×閉じる

8月25日(木)開催開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】
×閉じる
8月25日(木)開催開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】