ご予約・お問合せ 平日10:00~17:00
お電話03-5280-0086

>アクセスマップ

メニュー

×閉じる

瀬田クリニック東京

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル 3F MAP

  • JR中央線(快速)・中央総武線(各駅停車)「御茶ノ水駅」下車 御茶ノ水橋口徒歩2分
  • 東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」下車  出入口2番より徒歩4分
  • 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」下車  B1出口より徒歩4分
  • 東京メトロ半蔵門線、都営新宿線・三田線「神保町駅」下車 A5出口より徒歩8分

03-5280-0086(平日10:00~17:00)

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

『選択するということ』について
臨床心理士コラム②/臨床心理士:姜 英愛

2021年3月8日

みなさま、こんにちは。臨床心理士の姜です。
前回、私の役割『臨床心理士によるメンタルヘルスケア』についてお伝えした際、患者さんは限られた時間内に、さまざまな選択をしなければならなくなる、ということに触れたかと思います。

もちろん一番多い話題は「治療の選択」です。
本日は、選択肢の治療内容のことではなく、「選択する」ということについてお伝えしたいと思います。

「選択のパラドックス」という考え方があります。
米国スワースモア大学のバリーシュワルツ博士は、「ひとは選択肢が少なすぎても不満だけれど、多すぎても満足することが難しい」ということを実験を通して提言しました。
選択肢が多すぎると、選択することが難しく、そのため選択すること自体をやめてしまったり、あるいは選択してもその結果に対する満足度が低くなる、というのです。

このことを、がん患者さんに当てはめてみると、治療について主治医から説明を受けたり、自分でも調べてみたり、周囲の方々から情報を頂いたり、と情報はたくさん得られたけれど、果たしてどれを選択したらいいのか、迷われる場面が想定されます。さらに、がん患者さんの大変さは、選択肢である治療法について医学的な専門知識が不足するために、選ぼうにも選べない思いがあるところです。

ある方は、選択することを他の人に任せる(主治医や家族)方法をとられるでしょう。
またある方は、ひとつひとつ調べて、医師に疑問点を質問して、ご自分で最大限理解する努力をされるでしょう。
一方である方は、そのようなプロセスを経る時間的余裕もなく、決められた治療がすぐに始まってしまうこともあるでしょう。

がん患者さんにとって、どれがよいのでしょうか。
長年、がん患者さんとおつきあいさせていただいた心理士の立場から申し上げると、
どれも正解となりうるようです。
良い意味で、がんとの付き合いはそれなりの月日を要します。
カウンセリングでは、ご自分なりのお答えを探すお手伝いを行っています。

■あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ

 
このページの先頭へ

×閉じる

4/28(水)開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】
×閉じる
4/28(水)開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】