ご予約・お問合せ 平日10:00~17:00
お電話03-5280-0086

>資料請求はこちら

>アクセスマップ

メニュー

×閉じる

よくあるご質問をご紹介します④『免疫細胞治療はどんながんに適応しますか?』
瀬田クリニック東京 コンシェルジュスタッフブログ

2022年4月14日

みなさんこんにちは。
本日はよくあるご質問シリーズ④をお届けいたします。

質問
Q. 免疫細胞治療はどんながんに適応しますか?
回答
A. 全身の免疫に働きかける治療なので、がんの部位にかかわらず治療が可能です。

免疫機能を高めてがんと闘う力や全身状態を改善する免疫細胞治療は、基本的にどんながんにも適用できます。がんとは、正常細胞が傷ついて発生する異常な細胞で、程度の差はあれ、普通は「自分ががん細胞である」という目印を出しています。その目印を目がけて攻撃する免疫の働きを利用するのが、免疫細胞治療です。

使える薬剤が臓器別に決まっている抗がん剤に比べ、全身の免疫に働きかける免疫細胞治療は、がんができた部位に関わらず、効く可能性があると考えられます。
当院には、膵臓がんや進行がんのように、抗がん剤が効きにくかったり、そもそも使える標準治療があまりないようながんの患者さんが多くいらっしゃいます。また、免疫細胞治療を単独で行うよりも、標準治療と一緒に行うほうが効果的なことから併用するケースも増えています。このように、臓器別では幅広く治療できる免疫細胞治療ですが、患者さんの条件や特徴に応じて、治療の種類を選択することが大変重要です。

しかし、中には治療できないケースもあります。
割合は多くありませんが、一部の白血病や悪性リンパ腫といった血液のがんです。この他、間質性肺炎の患者さん、関節リウマチや膠原病といった自己免疫疾患の持病がある患者さんなどの中にも治療が行えないケースがあり、病状に応じて慎重に検討します。

このご質問についてのさらに詳しい解説は、パンフレットに同封されている『がん免疫療法Q&A』に掲載されています。

Q&A冊子

また、瀬田クリニック東京ではオンラインでの治療説明会(参加費無料)も毎月実施しています。免疫細胞治療についてわからないことがありましたら、医師に直接ご質問いただくことも可能です。

セミナー

それでは、また次回のクリニック通信でお会いしましょう!

◆併せて読みたい関連記事
-免疫チェックポイント阻害剤と免疫細胞治療の併用治療
-各種がんに対する免疫細胞治療の症例紹介

このページの先頭へ

 
このページの先頭へ

×閉じる

5月21日(土)10:30~開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】
×閉じる
5月21日(土)10:30~開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】