ご予約・お問合せ 平日10:00~17:00
お電話03-5280-0086

>資料請求はこちら

>アクセスマップ

メニュー

×閉じる

新型コロナウイルスワクチンの有効率とは??
瀬田クリニック東京 コンシェルジュスタッフブログ

2021年2月24日

皆さま、こんにちは。
ついに日本でも新型コロナウイルスのワクチン接種が始まりました。このことはメディアでも多く取り上げられていますが、そのなかで『ファイザー社のワクチンは有効率90%以上』という報道を聞いたことがあるかもしれません。

これは、有効率90%=9割の人に効くと言うわけではなく、接種したグループ(接種群)と接種しなかったグループ(非接種群)の発症率を比較して、『非接種群の発症率よりも、接種群の発症率のほうが90%少なかった』と言う意味です。

つまり、発症リスクが10分の1になると言うことだったんですね。
通常の季節性インフルエンザのワクチンの場合は50%前後と言われていますので、当初、予測していた結果より、とても良かったと言えます。

ただ、日本ではワクチンが十分に行き渡るには、1年くらいかかるとも言われています。せっかくのワクチンです。受ける前に感染して重症化してはいけないです。感染を防いで、ウイルスに負けない身体を作るには心身の健康を維持することが重要です。新型コロナを恐れ過ぎ、外出を控えて運動不足やストレスをため込むのもあまり良くありません。適度な運動やストレスによる食べすぎなどにも注意して、免疫を上げていきたいですね。

それでは、また次のクリニック通信でお会いしましょう。

■あわせて読みたい関連記事

このページの先頭へ

 
このページの先頭へ

×閉じる

12/25(土)開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】
×閉じる
12/25(土)開催 オンラインがん免疫細胞治療説明会【参加無料】