×閉じる

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

2010年 のアーカイブ

新たな共同臨床研究を開始(東京医科大学)

2010年11月15日 月曜日

2010年 のアーカイブ

新たな共同臨床研究を開始(金沢大学 他)

2010年11月15日 月曜日

2010年 のアーカイブ

樹状細胞ワクチン療法 「治療費改定」のお知らせ

2010年10月1日 金曜日

2010年10月1日より、成分採血(アフェレーシス採血)による樹状細胞ワクチン療法に関しまして、治療回数の変更に伴う治療費の改定をいたしましたのでお知らせします。

治療費改定の経緯

これまで、瀬田クリニックグループでは血液成分分離装置(アフェレーシス)を用いた樹状細胞ワクチン療法において、1回の成分採血(アフェレーシス採血)で6回の治療(投与)を行ってきました。このたび、血液処理量を大幅に増加させることができるようになったことや、細胞加工技術の向上により、1回の成分採血で6回から最大で12回(確保できる細胞の数によるため、12回投与できない可能性もあります)に分けて投与するのに十分な細胞数が得られるようになりました。投与回数が増えることで、1治療あたりの治療費が軽減されることが期待されます。

成分採血(アフェレーシス採血)とは

成分採血(アフェレーシス採血)とは、血液成分分離装置を使用して患者様の血液から樹状細胞ワクチン療法に必要となる単核球成分を分離・採取し、治療に使用されない血液成分は体に戻すという、血液中の特定成分だけを採血、分離する方法です。

この方法を用いると、通常の採血(全血採血)に比べて、非常に多くの単球細胞(樹状細胞の元になる細胞)を得ることができます。また毎回採血を行う必要がなく、患者さんのトータル的な時間負担の軽減になり、患者さんの状況に合せて投与間隔を設定することも可能となります。

なおアフェレーシス採血の場合は技術料、成分採血料は初回だけで、投与毎にいただくのは管理料のみとなります。

「成分採血(アフェレーシス採血)」による樹状細胞ワクチン療法の治療費の例

cost.gif

※治療回数(投与回数)は、確保できる細胞の数によります(6回から最大12回)

治療費の詳細はこちらをご覧下さい。

 

2010年 のアーカイブ

愛媛県松山市に新規連係医療機関

2010年9月24日 金曜日

2010年 のアーカイブ

TV番組への取材協力(瀬田クリニック福岡)

2010年9月17日 金曜日

9/16(木)テレビ西日本スーパーニュースにて放映された最新がん医療「樹状細胞ワクチン療法に関する」報道番組において、瀬田クリニック福岡が紹介されました。

放送日 2010年9月16日(木)17:54-
放送局 テレビ西日本
番組名 ハチナビ プラス スーパーニュース
番組内容 期待されている最先端がん治療の一つとして、瀬田クリニックグループで行なわれている樹状細胞ワクチン療法が取り上げられました。瀬田クリニック福岡の取材で高いレベルで行われる細胞医療の技術や設備、安元公正 総院長へのインタビューを通じて、瀬田クリニックグループの考える「オーダーメード治療」について、樹状細胞ワクチン療法を中心に紹介されました。

瀬田クリニックグループに関する記事や報道が掲載された新聞・雑誌、ラジオ・テレビ等をご案内しております。これらの著作権は、各放送局や各発行会社等に帰属しています。記事や映像等の送付について、著作権法に触れる場合がございますので承っておりません。これらをご覧になりたい方は、各放送局や各発行会社へお問合せください。なお、放送に関しましては、予告なく放送日時や放送内容が変更となる場合がございます。予めご了承ください。

2010年 のアーカイブ

石川県金沢市に新規連係医療機関

2010年9月13日 月曜日

2010年 のアーカイブ

群馬県高崎市に新規連係医療機関

2010年7月30日 金曜日

2010年 のアーカイブ

「チャリティーセミナー&コンサート」のご案内

2010年6月25日 金曜日

2010年 のアーカイブ

山形県山形市に新規連係医療機関

2010年6月18日 金曜日

2010年 のアーカイブ

群馬県高崎市に新規連係医療機関

2010年5月24日 月曜日
 
このページの先頭へ