ご予約・お問合せ
平日10:00~17:00
お電話03-5280-0086

>アクセスマップ

メニュー

×閉じる

瀬田クリニック東京

〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-1-45 ニュー駿河台ビル 3F MAP

  • JR中央線(快速)・中央総武線(各駅停車)「御茶ノ水駅」下車 御茶ノ水橋口徒歩2分
  • 東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」下車  出入口2番より徒歩4分
  • 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」下車  B1出口より徒歩4分
  • 東京メトロ半蔵門線、都営新宿線・三田線「神保町駅」下車 A5出口より徒歩8分

03-5280-0086(平日10:00~17:00)

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

大腸(結腸)がんに対する免疫細胞治療の症例紹介

瀬田クリニックグループでがん免疫療法(免疫細胞治療)を受けられた結腸がんの方の症例(治療例)を紹介します。症例は治療前後のCT画像や腫瘍マーカーの記録など客観的データに基づき記載しています。

症例①
男性70歳台 男性
免疫細胞治療単独にて大腸がんの再発病巣が寛解した一例

治療までの経緯

2014年10月、食欲不振のため近所の病院を受診したところ、大腸がんステージⅡ(結腸がん)と診断されました。直後に腹腔鏡手術を行い、病巣部とその近くのリンパ節を合わせて切除。しかし2年後の2016年5月にPET検査を行ったところ、腹腔内に腹膜播種もしくはリンパ節転移と考えられる再発病巣が発見されました。
主治医からは抗がん剤治療を勧められましたが、高齢ということもあり患者本人が治療を拒否。免疫細胞治療単独での治療を望まれ当院を受診されました。

治療内容と経過

治療スケジュールとPETの経緯

2016年8月、免疫細胞治療のうち、まずは先行してアルファ・ベータT細胞治療を開始。その後、HLA検査や免疫組織化学染色検査を実施しがん細胞の特徴を調べたうえで、ペプチド添加型樹状細胞ワクチン療法を実施しました。
治療を2週間間隔で実施したところ、治療開始から1年5か月後の2018年1月のPET検査において、再発病巣の消失を認めました(上図)。現在(2019年6月)でも治療を継続中です。

考察

この患者さんは右側の結腸である「回盲部」にがんが発生し、手術後の再発に対して免疫細胞治療単独により転移巣の寛解が認められた症例です。
まずはアルファ・ベータT細胞療法を実施して身体全体の免疫を向上させたうえで、免疫組織化学染色検査など各種検査によりがん細胞の特徴を調べ、その特徴に合わせた樹状細胞ワクチン療法を実施したところ、治療開始から1年5か月で転移巣が消失しました。

最近の研究により、今回のように「回盲部」に発生している大腸がんには、ネオアンチゲン(※)が多く発現している可能性があることが指摘されています。がんの特徴であるネオアンチゲンが多く発現していれば、それだけ、免疫細胞に「非自己」すなわち「異物」であると認識されやすくなると考えられ、免疫細胞治療がより奏効する可能性があります。今後、ネオアンチゲンを用いた樹状細胞ワクチン療法などの臨床試験を通じて、明らかにしていく予定です。

※ネオアンチゲン(=患者さん個々のがんで違う遺伝子異常に基づくがんの特徴)

更に詳しい症例解説は下記に記載されています。
https://www.j-immunother.com/dr/case/report043.html

来院のご予約はこちら

症例②
女性51歳 女性
化学療法を併用した免疫細胞治療は無効であったが、免疫細胞治療単独治療により長期不変となった進行結腸がん症例

治療までの経緯

1998年4月に結腸がんと診断され手術を受けられました。その後、再発予防を目的とした抗がん剤治療が実施されましたが、経過観察中の2001年11月に肺に転移が見つかり再発と診断されました。 再手術の後、再再発予防のために別の抗がん剤治療を実施しながら、2002年4月に瀬田クリニックを受診されました。

治療内容と経過

大腸(結腸)がんに対する免疫療法colon_cancer

再再発予防としての抗がん剤治療を補完する目的で、アルファ・ベータT細胞療法を併用することとし、2週間間隔、あるいは1ヶ月間隔で同療法を継続しました。2年間以上、再再発は生じませんでしたが、2004年3月の胸部CT検査で肺およびリンパ節転移再発と診断されました。そのため、抗がん剤のみを変更しアルファ・ベータT細胞療法との併用治療を継続しましたが、同年8月のCT検査で肺の腫瘍の大きさに変化はないものの、リンパ節は明らかに大きくなっていました。さらに他の抗がん剤への変更が提案されましたが、期待される有効性が限定的であるとの判断で、抗がん剤投与は中止され、アルファ・ベータT細胞療法のみで治療を継続することとなりました。 その後、2004年11月及び2005年2月のCT検査で肺、リンパ節腫瘍ともに変化なく、増大していませんでした。

考察

今回、結腸がんの肺への転移を外科切除した後にリンパ節に再再発し、抗がん剤を併用したアルファ・ベータT細胞療法では無効でした。しかし、その後は、アルファ・ベータT細胞療法のみの治療に切り換えることで、長期に亘り腫瘍の大きさが変化しなくなった症例です。本症例においては、併用されていた抗がん剤により、患者さんの免疫細胞が抑えられたことで、アルファ・ベータT細胞療法の効果が十分に発揮できなかったものと推測されました。なお、現在、瀬田クリニックではアルファ・ベータT細胞療法以外にガンマ・デルタT細胞療法を実施しており、大腸がんでは抗体医薬(セツキシマブなど)との併用にて高い治療効果が期待できるものと考えております。

症例リストに戻る

来院のご予約はこちら

このページの先頭へ

 
このページの先頭へ
×閉じる