×閉じる

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

症例紹介-乳がんに対する免疫療法

アルファ・ベータT細胞療法とWT1ペプチベータによる樹状細胞ワクチン療法が有効であった乳がんの全身転移の一例

患者さん:
56歳 女性 左乳癌全身転移
治療法:
樹状細胞ワクチン療法, アルファ・ベータT細胞療法

治療までの経緯

2013年、左乳房の出来物に気付いたものの放置していたところ、翌年5月になって腰の痛みと呼吸の苦しさを感じるようになりました。すぐに病院で検査すると、左乳がん、多発性骨転移(ステージ4)、リンパ節転移および両肺癌性リンパ管症と診断されました。治療をしなければ余命3カ月と告げられました。
主治医からは化学療法とホルモン療法を提示されましたが、副作用を気にされ拒否。症状緩和のためのステロイド剤や鎮痛剤(オピオイド)を服用されていました。
その後、ご自身で免疫細胞治療のことを調べられ、2014年6月に当院に来院されました。

治療内容と経過

来院後、ご自身に最も適した治療戦略を立てるために、自身の免疫細胞の状態を調べる免疫機能検査(FCM検査)や、がん細胞のタイプを調べる免疫組織化学染色検査を実施。
検査結果を踏まえ、まずはアルファ・ベータT細胞療法より開始し、その後、MUC1、HER2およびWT1ペプチベータを用いた樹状細胞ワクチン療法を受けられました。
治療開始後、2カ月後には呼吸困難も徐々に緩和し8カ月後には在宅での酸素吸入も必要なくなりました。
疼痛も軽くなり、ステロイド剤や鎮痛剤の服用もやめ、治療開始から1年経過時のPET/CTでは、治療前に比べがん細胞の著しい減少が認められました。
現在(2016年1月)では旅行などを楽しみながら、治療を継続されています。

左が治療前(2014年6月)、右が治療後(2015年6月)。
全身に転移したがん細胞(黒い部分)が大幅に減少している。

考察

広範囲に転移した乳がん細胞が大幅に減少した例です。
この患者さんは免疫機能検査の結果、免疫の状態が良好であり、もともと免疫細胞治療の効果が発揮しやすい状況でしたが、ステージ4期の乳がんがここまで回復したことは特筆すべき著効例の一つです。

乳がんとは

乳汁をつくり分泌する乳腺組織にできるがん。発症や進行には女性ホルモンのエストロゲンが関与するとされる。

 
このページの先頭へ