×閉じる

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

瀬田クリニックグループの樹状細胞ワクチン療法
独自技術を用いて、がんを殺傷する「キラーT細胞」をより多く誘導します。

神垣 隆
瀬田クリニックグループ臨床研究・治験センター長
瀬田クリニック東京 非常勤医師
神垣 隆

樹状細胞ワクチン療法は、免疫細胞の司令官である「樹状細胞」の力を利用して、がん細胞を狙い撃ちする免疫療法の一つです。当院独自の技術により、がんを直接殺傷する攻撃部隊である「キラーT細胞」の誘導能力を高めることに成功しています。

 樹状細胞ワクチン療法とは

「樹状細胞」は細胞の表面に木の枝のような突起があることが名前の由来です。
樹状細胞は、どんな免疫細胞なのでしょうか?

樹状細胞の働きとして主なものは、
①がん細胞の特徴を覚え、
②「キラーT細胞」などの攻撃部隊にその特徴を伝える

であり、いわば、がん攻撃の司令塔的な役割を担っている免疫細胞といえます。

樹状細胞ががん細胞を貪食し、抗原を取り込む

こういった特徴を活かして、体外に取り出した樹状細胞(*1)に患者さん自身のがん細胞の特徴を記憶させ、司令塔役として体内に戻す免疫療法が樹状細胞ワクチン療法です(*2)。

(*1)正確には、抹消血中から取り出した単球を樹状細胞に分化させます。
(*2)ここでは、手術等で用意した自らのがん細胞を用いる自己がん感作樹状細胞ワクチン療法について説明しています。他にも人工的に作成したがん抗原を用いるペプチド感作樹状細胞ワクチン療法などの種類がありますが、詳しくはこちらにて説明しています。

 瀬田クリニックグループが独自に行っている樹状細胞ワクチン療法(ゾレドロン酸感作法とセル・ローディングシステム)

当院では樹状細胞ワクチン療法に、特許技術であるゾレドロン酸感作法やセル・ローディングシステムを用いています。これにより、NK細胞やガンマデルタT細胞といった自然免疫を活性化させ、キラーT 細胞ががんを狙い撃ちする能力を飛躍的に向上させることに成功しています。

<ゾレドロン酸共感作法>

がんを攻撃するキラーT 細胞の誘導能力が60〜100 倍に向上

ゾレドロン酸という薬剤で刺激することにより、NKやガンマデルタT細胞といった自然免疫が活性化され、樹状細胞の能力が向上します。個人差はありますが、使用しない場合と比べキラーT細胞(CTL)を60〜100倍多く誘導することが確認されています。

がんを攻撃するキラーT 細胞の誘導能力が60〜100 倍に向上

<セル・ローディングシステム>

電気刺激により、がんの目印(抗原)が効率的にキラーT細胞に伝えられます。

セル・ローディングシステム

樹状細胞は、先ほど説明したとおり、がん細胞の死骸やかけらを自ら取り込む(貪食といいます)免疫細胞です。そして、取り込んだ目印を細胞の表面に提示します。具体的には、少し難しい話になりますが、細胞表面のMHCという土台分子の上に目印が提示されます。

 樹状細胞ワクチン療法を実施するほとんどの医療機関では、樹状細胞とがん細胞を一緒に培養する方法が取られています(これを共培養法といいます)。その場合、取り込まれたがんの目印のほとんどががんを直接殺さない「ヘルパーT細胞」に伝えられ、十分な治療効果が発揮されていません。

 一方、当院では、2008年より、電気刺激によって樹状細胞に小さな穴を開け、そこからがん細胞の目印を大量(共培養法に比べ数十倍)に取りこませる、セル・ローディングシステムという独自技術を用いています。

 これにより、ヘルパーT細胞のみならず、がん殺傷の主役であるキラーT細胞にもがんの目印が伝わっていくことが明らかになっています。その結果、従来の方法に比べ約6.3倍のキラーT細胞の誘導が望めるという研究結果も出ています(*3)。

(*3)Lawrence A. Wolfraim , Masashi Takahara , Angelia M. Viley a, Rama Shivakumar, Mie Nieda, Ryuji Maekawa, Linda N. Liu, Madhusudan V. Peshwa(2013).
Clinical scale electroloading of mature dendritic cells with melanoma whole tumor cell lysate is superior to conventional lysate co-incubation in triggering robust in vitro expansion of functional antigen-specific CTL.
International Immunopharmacology 15 (2013) 488-497.

 どうしてセル・ローディングシステムが重要なのか

-遺伝子由来のがんの目印である「ネオアンチゲン」を多量に含む個別化樹状細胞ワクチン療法

 がん細胞は、正常な細胞にはない遺伝子のキズ、すなわち“変異遺伝子”をたくさん持っています。これらの変異遺伝子から生じた目印は“ネオアンチゲン(neoantigen)”と呼ばれ、「がん固有の目印」となります。そして、現在、注目されている免疫チェックポイント阻害薬である抗PD-1/抗PD-L1抗体や抗CTLA-4抗体は、このネオアンチゲンに対するキラーT細胞の反応性や攻撃性を高める薬です。
 ネオアンチゲンは、免疫反応を強力に引き起こし、ネオアンチゲンを覚えた免疫細胞は、がんに対して強い殺傷力を持つといわれています。
 当院が提供しているセル・ローディングシステムを用いれば、腫瘍からネオアンチゲンを含むタンパク質を抽出し大量に樹状細胞に取り込ませ、がん固有の目印に対するキラーT細胞を体内に誘導することが可能と考えられています。ネオアンチゲンを解析装置で探すことも、人工的に作製する必要もありません。つまり、現在の医療技術において、セル・ローディングシステムは「最も進んだ個別化医療」のひとつと考えられています。

 セル・ローディングシステムが最も効果的と考えられるタイミング

-再発予防治療に活用できる樹状細胞ワクチン療法。手術のご予定がある場合は、切除組織の保存をおすすめします。

自らの腫瘍を用いたセル・ローディングシステムによる樹状細胞ワクチン療法には、手術で切除したがん組織が必要になります。これからがんの手術の予定がある方は、主治医の先生とよくご相談いただき、切除したがん組織を保管しておく事をお勧めします。切除したがん組織には、患者さん自身のがんの情報がたくさん詰まっており、前述のネオアンチゲンも多量に含まれていると考えられます。がんを根治するためには、手術後の再発予防治療にこそ、セル・ローディングシステムを活用することが重要と考えています。

患者さんのがん組織を無料でお預かりする自己がん組織バンクというサービスがあります。詳しくは以下のバナーからご覧ください。

gan_bank_btn

早期がんでは根治を目指して手術を行うのが一般的ですが、術前の検査で発見できなかった微小ながん細胞がその後大きくなり、再発・転移に繋がるケースがあります。再発予防治療として、しばしば抗がん剤が用いられますが、副作用の少ない、身体に優しい全身治療として免疫細胞治療を用いたり、併用することもできます。その際、保存しておいたご自身のがん組織がきっと役に立つはずです。

患者さんもインターネットなどで色々な情報を入手することができるようになり、当院でも再発予防目的で、ご自身のがん組織を活用した治療をお受けになる患者さんが増えています。

 
このページの先頭へ