×閉じる

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

症例紹介-直腸がんに対する免疫療法

直腸がんの両側肺転移切除後にアルファ・ベータT細胞療法単独治療を実施し、長期間再発を抑えられた例

患者さん:
66歳 男性
治療法:
アルファ・ベータT細胞療法

治療までの経緯

2004年6月、肛門に違和感があり検査を受けたところ直腸がんと診断され、翌月に直腸切除術を施行。その後、経過観察を行っていましたが、2005年6月に両側肺転移が認められたため化学療法を開始しました。様々な化学療法が施行され、唯一、FOLFOX4で腫瘍縮小の効果が見られましたが、副作用が強く使えなくなりました。それ以外の化学療法では腫瘍の増大傾向を示すなど、利用可能な化学療法が限定されました。
両側肺転移に対する肺切除は、再発する可能性が高いと予想されましたが、患者さんご本人が切望したため、2007年3月27日に肺転移切除術を施行しました。同年6月、患者ご本人の希望により、再発予防目的で免疫細胞治療を行うために当院を受診。

治療内容と経過

2007年6月より、アルファ・ベータT細胞療法を単独で開始しました。初めの6回目までは2週間間隔で投与し、その後は1ヶ月間隔に延ばし、さらに2013年4月以降は2ヵ月間隔で継続投与しています。免疫細胞治療開始から7年経過後の2014年12月現在も無再発かつ良好な全身状態で経過しています。

直腸がんに対する免疫療法case025

考察

直腸がん切除後の両側肺転移に対して、肺転移切除後からアルファ・ベータT細胞療法を単独で行い、長期に亘り良好な全身状態を維持しながら継続治療できている一例です。また、経過観察しながら適宜、治療間隔を延ばすことが可能な治療法です。このことは患者の経済的負担軽減にも寄与されるものと思われます。
化学療法のように身体に負担をかけることなく長期に亘り継続治療できるという免疫細胞治療の特徴をよく表している一例であると考えます。

進行直腸がんの治療

直腸がんの代表的な化学療法剤は5-FU、ロイコボリン、イリノテカン、オキサリプラチンであり、これらを組み合わせて使われます。他にも様々な化学療法剤が使われます。
切除可能な肺転移の治療については肺切除が推奨されますが、片肺転移切除後の再発率は61.3%と高頻度に認められています。

 
このページの先頭へ