×閉じる

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

症例紹介-悪性リンパ腫に対する免疫療法

小線量放射線治療後に免疫細胞治療を併用し、がんが消失した例

患者さん:
80歳 男性
既往歴:
緑内障(60歳)、膵炎(70歳)
治療法:
アルファ・ベータT細胞療法

治療までの経緯

2005年12月上旬頃より右側下顎前の歯ぐきに小さな潰瘍が出現し、その部分に軽い痛みがあったため、近医の歯科を受診しました。右下の唇側歯ぐきに2cmの潰瘍が認められ、生検の結果、慢性壊死性炎と診断されたため、消炎鎮痛剤と抗生剤を処方されました。しかし、その後次第に潰瘍は大きくなり、痛みも増したため、再度同じ部位の生検を行ったところ、最終的にびまん性大細胞B細胞型悪性リンパ腫と診断されました。高齢のため、リツキシマブ等の標準治療は希望されず、またCTでがんが骨破壊を伴うものであるとわかったことから、2006年1月31日から局所放射線治療単独で治療が開始されました。治療後、潰瘍面に大きな変化はありませんでしたが、粘膜の隆起の多少の軽減が認められました。しかしその後の照射は痛みのため、患者さんの希望で中止することになり、線量は通常の1/5以下の10Gyとわずかなものとなりました。2006年2月14日にその他の治療法選択肢としての免疫細胞治療を希望し、当院へ紹介されました。

治療内容と経過

2006年3月9日からアルファ・ベータT細胞療法を約2週間に1回の間隔で開始しました。2006年5月31日で1クール(6回)が終了し、CTとPETで検査したところ、いずれの検査でも治療前に確認されていたがんは消失していました(画像)。今後も月1回のアルファ・ベータT細胞療法を継続し、厳重に経過観察を行っていく予定です。

なお、初発後約8年経過しているものの、再発は見つかっておりません。

悪性リンパ腫に対する免疫療法case23

考察

この患者さんは骨破壊を伴う下顎部の悪性リンパ腫と診断され、放射線治療を行いましたが、最終目標線量には到達できないまま治療を終了してしまいました。しかし、その少量放射線照射後に免疫細胞治療を行ったことで約3か月後にはがんが消失しました。マウスの実験ではありますが、放射線照射によりがん細胞が変化することで、マウスのリンパ球ががんの目印を認識しやすくなるという報告があります。この患者さんにおいても同じことが起こり、投与されたリンパ球ががんを攻撃しやすくなっていたのではないかと考えられます。

治療の経過

2006年3月9日
アルファ・ベータT細胞療法を開始
2006年5月31日
1クール(6回)の治療が終了
CTとPET検査により、がんは消失と判定
今後もアルファ・ベータT細胞療法(月1回)を継続し、厳重に経過観察する予定
 
このページの先頭へ