×閉じる

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

症例紹介-頭頸部がんに対する免疫療法

アルファ・ベータT細胞療法単独治療によりがんの縮小状態を維持している例(舌がんⅡ期)

患者さん:
83歳 女性
治療法:
アルファ・ベータT細胞療法

治療までの経緯

2011年2月、前医で舌の左縁のがんを診断され、MRI検査で進行の可能性があることから、舌半切+再建手術の説明を受けられましたが、趣味の歌謡を続けたいとの希望があり、手術を拒否されました。放射線治療も機能障害の可能性があり拒否され、化学療法も同意されませんでした。免疫細胞治療を希望され、前医でペプチドワクチンを予定していましたが、HLAの型が合わないために、治療を受けることができませんでした。そこで4月に当院を受診されました。受診された時はステージⅡでした。

治療内容と経過

4月下旬よりアルファ・ベータT細胞療法を開始しました。1回目・2回目の治療直後に、倦怠感や発熱、血圧の上昇がありましたが、いずれの症状もしばらく経過観察したところ自然に消失しました。このとき、3回目以降の治療を中止することも検討しましたが、患者さんの強い希望で、治療を継続することにしました。3回目治療前に降圧薬を増量したところ、それ以降、副作用は起こりませんでした。8月上旬、6回の治療が終了した時点でMRI検査を行うと、画像上がんは消失していましたが、肉眼的にはわずかな凸凹が見られたため、縮小と判断しました。11月上旬、12回の治療が終了した時点で、患者さんの希望により治療を終了しました。その後、2012年2月上旬のMRI検査でも縮小した状態を維持しています。

頭頸部がんに対する免疫療法case21

考察

この患者さんは、アルファ・ベータT細胞療法以外の治療は受けていないことから、がんの縮小はアルファ・ベータT細胞療法の効果であると言えます。6回の治療終了時の画像で、がんは消失していましたが、肉眼的にはわずかな凸凹があり、ミクロながんは残っていると考えています。患者さんの希望で手術、放射線治療は拒否されているため、治療効果を高めるには化学療法との併用が良いと考えられますが、現在発症から約1年経過しても進行せず無症状で生活されており、患者さんの希望の状況が維持できていることについて、アルファ・ベータT細胞療法の治療効果は大きいと考えています。

治療の経過

2011年2月
舌がんの診断を受けるも、手術・放射線療法は舌の機能低下が危惧されるため実施せず、化学療法も同意されませんでした
2011年4月
当院受診、アルファ・ベータT細胞療法を開始。1回目・2回目の投与直後に若干の副作用が発生するも、消失し、治療継続
2011年8月
6回の治療終了。MRI画像上でがんは消失
2011年11月
12回目の治療終了。その後、3か月後も縮小した状態を維持

頭頸部がんとは

のど、鼻、口、あご、耳などにできるがんをまとめて頭頸部がんといいます。頭頸部がんの特徴は、話す、食べる、呑み込む等の重要な機能に関係することが多く、治療による機能の損傷や美容的問題が大きな負担となる点です。

 
このページの先頭へ