×閉じる

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

卵巣がんの治療解説と症例紹介

卵巣がんの治療に関する解説や、瀬田クリニックグループでがん免疫療法(免疫細胞治療)を受けられた卵巣がんの患者さんを紹介します。症例は治療前後のCT 画像や腫瘍マーカーの記録など客観的データに基づき記載しています。

 婦人科がん専門医の解説

がん研有明病院顧問・前婦人科部長 瀬田クリニック東京非常勤医師 瀧澤 憲
がん研有明病院顧問・前婦人科部長
瀬田クリニック東京、新横浜 医師
瀧澤 憲 経歴

卵巣がんは、がんが大きくなるまで自覚症状に気づかず、進行がんとなって初めて見つかるケースが多いがんです。治療法は標準治療を可及的に上手に行うのが原則です。卵巣がんの多く(約3/4の症例)は比較的抗がん剤が良く効くこともあり、早期であれば標準治療のみで完治が期待できます。

ただし、再発のリスクが高い(あるいは既に再発している)場合や、発見されたときに既に進行しているがんの場合は、標準治療だけでは十分な成果が得られない可能性があります。そこで、期待されるのが免疫細胞治療です。

免疫細胞治療は、自己の免疫細胞を活用する治療のため標準治療の効果を損ねることなく併用による良い効果が期待できます。また、手術で取り残したり術前の検査で発見できず再発の原因となってしまう微小ながんに対して、全身的に大きな副作用を伴わずに作用するため、再発予防には特に適していると考えられます。

瀬田クリニックグループに来院された卵巣がんの患者さんの治療成績は以下の通りです。

当院の免疫細胞治療の治療効果【対象:卵巣がん】

(註)
  • 有効性評価は、RECISTガイドライン(国際的に使用される治療効果判定のためのガイドライン)に準じ、画像評価による腫瘍縮小効果をもとに行い、以下の基準を満たす画像での病変の比較が可能であった1,198例を対象に治療効果調査を実施しました。
    1. (1)治療前の画像:治療開始の60日前から2回目投与開始前までに撮影したもの
    2. (2)治療後の画像:5回目投与以降で6回目投与後30日以内に撮影したもの
    3. (3)上記の画像が保管されている、あるいは保管がなくとも明確な記録、または主治医からの報告書があるもの
  • 1999年4月から2009年3月に、瀬田クリニックグループまたは連携医療機関に来院し、免疫細胞治療を6回(1クール)以上受けた5,460例の中で、原発臓器が肺、胃、大腸、肝、膵、乳、子宮、卵巣の症例について示しています。
  • 上記治療効果調査の対象となった1,198名の患者さんのうち、(1)完全奏効(17名)、(2)部分奏効(143名)、(3)長期安定(145名)と判定された合計305名の症例を有効(有効率25.5%)と判断しています。
  • 百分率は小数点以下第2位を四捨五入して算出しています。四捨五入の関係で、百分率の合計が100%にならない場合があります。
  • なお、治療成績データは論文『Egawa K. Immuno-cell therapy of cancer in Japan. Anticancer Res. 2004 24(5C):3321-6.』を参照。その後の症例の追加に伴い更新しています。
続きを見る
閉じる

症例①
女性51歳 女性
化学療法・手術・免疫細胞療法を併用して、がんが完全消失した後、周期的投与で2年間がんを制御できている症例(腹水貯留のあるⅣ期卵巣がん)

治療までの経緯

2003年12月より呼吸苦があり、翌1月に右側胸水が溜まっていたため、胸水3リットルを抜いたところ、細胞診で腺がんと診断されました。CA125は7,792U/ml(正常値:35以下)で、PET・MRI・CTによる精査の結果、癌性胸膜炎を伴うⅣ期の卵巣がんと診断されました。術前化学療法(パクリタキセル、カルボプラチン)を4クール終了したところ、胸水はほぼ見られなくなり、CA125は235まで低下、原発巣が縮小した為、根治手術を行うことになりました。免疫細胞療法を併用した術後補助療法を検討する為に2004年5月26日に当院を受診されました。

治療内容と経過

卵巣がんに対する免疫療法

2004年6月1日に手術を行い、原発部位は完全に切除することができましたが、右横隔膜と肝臓の境に目で見える大きさの腫瘍が残りました。手術後は切除した原発部位の一部を使って自己がん細胞感作樹状細胞ワクチン療法アルファ・ベータT細胞療法を術後補助化学療法(パクリタキセル、カルボプラチン)と併用して行いました。この治療により、CA125は正常化し、2004年10月20日にCT検査ではがんは見当たらないと判定され、また12月9日にはPET-CTで手術で取り残した部分も含めて、がんは消失したと評価されました。その後も維持療法としてアルファ・ベータT細胞療法を続けていましたが、2005年5月27日にはCA125が再上昇し、PETでは横隔膜と肝臓の境と腹膜に腫瘍が認められました。そのため再び化学療法(パクリタキセル、カルボプラチン)に樹状細胞ワクチン療法とアルファ・ベータT細胞療法を行ったところ、8月12日にはCA125が20に低下し、CTでも縮小が見られました。その後も化学療法と併用しながら樹状細胞療法とアルファ・ベータT細胞療法を続けています。2006年9月6日のCTでは右肺に5mmの転移巣が認められましたが、これらの術後の併用治療を通して、全身状態は良好に保たれており、化学療法の副作用も軽度で経過しています。

考察

化学療法の感受性が良く、転移巣の制御ができ、原発部位の完全切除ができたことが有利な点でしたが、癌性胸膜炎を伴うⅣ期卵巣がんを消失させることができたこと、化学療法の副作用が比較的軽度で、副作用に対する補完療法なく、手術後2年以上がんを制御できていることは意義深いと思われます。

症例リストに戻る

症例②
女性38歳 女性
再発した卵巣がんに対し、放射線療法に引き続いて免疫細胞治療を行い、寛解(がんが画像上見られなくなった)にいたった一例

治療までの経緯

平成12年3月に右側の卵巣に腫瘍が見つかり、手術で腫瘍とともに右側の卵巣・卵首を切除。境界悪例(良性腫瘍とがんの中間)だったため経過観察を行っていました。平成13年12月に再発が見つかったため、抗がん剤治療後に子宮と周辺臓器を手術で全摘出。ステージⅢcの漿液性乳頭状腺がんと診断されました。
その後化学療法を行い、一時は腫瘍マーカー(CA125)の値も正常の範囲になりましたが、再発が見つかったため、放射線療法を60グレイ行いました。しかし腫瘍マーカーの値は高値が続き、食事量は健常な人の3割程度にとどまり、全身の健康状態も思わしくありませんでした。同年6月に瀬田クリニックグループを受診。

治療内容と経過

アルファ・ベータT細胞療法を2週間に1度の頻度で開始。6回終了時に画像検査にて再発部が小さくなっていることがわかりました。また、腫瘍マーカーも72→45.2→24.6と減少をたどりました。12回行った後には、食事量が健常な人の5割にまで回復し、全身状態も改善。
その後2~4週間に1回の頻度で活性化自己リンパ球療法を続け、平成16年4月のMRI検査では転移巣が見つからず、CR(完全寛解)と判断しました。

卵巣がんに対する免疫療法ovarian_cancer

考察

抗がん剤が効かなくなった卵巣がんに対し、放射線療法に続けて免疫細胞治療を行ったところ(化学療法との併用はなし)、完全寛解が得られ、腫瘍マーカーの上昇も抑えることができました。
放射線療法が功を奏したという考え方もありますが、免疫細胞治療の開始後に腫瘍マーカーの上昇が抑えられ、照射野外の病巣も制御できていることから、免疫細胞治療も有効に作用したのではないかと考えられます。また、放射線療法後に患者さんの食欲や全身状態がよくなり、生活の質(QOL)を高めながら治療が続けられたのは特筆に値すると考えられます。

症例リストに戻る

来院のご予約はこちら

 
このページの先頭へ