免疫細胞治療エビデンス構築を目指して

免疫細胞治療を普及医療として広く患者さんに提供するためには、科学的根拠に基づく医療(EBM)推進のための臨床エビデンスの収集・構築が欠かせません。当グループでは、大学病院・中核病院等との共同臨床研究において、その企画・推進およびデータマネジメントの支援、免疫学的基礎データの提供などを行い、より有効な投与方法や併用方法の探索、ならびに新しい免疫細胞治療開発のためのエビデンスの収集・構築に取り組んでいます。

こうした一連の研究は、瀬田クリニックグループの診療とは別に行われます。質の高い研究を円滑に進めるため、2010年より瀬田クリニック東京内に臨床研究センター(現:臨床研究・治験センター)を開設し、プロトコル(治療の手順)の作成や得られたデータの集約、外部に発表するための資料作成等を行っています。

治療成績

瀬田クリニックグループおよび連携医療機関における免疫細胞治療の治療効果測定の結果をご覧いただけます。

臨床研究

大学病院、中核病院との共同研究を行い、そこで得られた結果を実地医療へと反映させています。

業績

瀬田クリニックグループの研究成果をご覧いただけます。