臨床症例報告No.37 (PDF版はこちら アルファ・ベータT 細胞療法単独治療により寛解を維持している舌がん症例 医療法人祐基会 帯山中央病院  吉田 直矢

  • 種類:頭頚部

症例

83 歳、女性

現病歴

2011年2月、前医で舌左縁のびらんに対し精査を行い、生検で扁平上皮癌と診断された。MRI で深部浸潤が疑われ(画像1)、舌半切+筋皮弁再建の説明を受けられたが、趣味の歌謡を続けたいという希望があり手術を拒否された。放射線治療も機能障害の可能性があり拒否された。化学療法も同意が得られなかった。免疫療法を希望され前医でペプチドワクチンを予定したが、HLA タイピングが不適合で受けられなかった。4 月に当院を受診となった。受診時の病期分類はcT2, cN0, cM0, cStⅡであった。

治療経過

4 月下旬からアルファ・ベータT 細胞療法療法を施行した。初回治療直後に2 時間ほどの倦怠感(グレード2) と37.0℃の発熱を認めた。2 回目の治療後には1 時間ほど関節痛(グレード1)、生あくび、体が火照る感じが継続し、収縮期血圧が200 以上と上昇した(グレード2)。いずれの症状も、末梢輸液をしながら経過観察したところ自然に消失した。このとき3 回目以降の治療を中止することも検討したが、本人の強い希望があり治療を継続することとした。3 回目治療前に降圧薬を増量し、それ以降は有害事象を認めなかった。8月上旬、1 コース(6 回) の治療が終了した時点でMRI を行い、画像上CRとなった(画像2)。しかし肉眼的には僅かな凹凸を認め、PR と判断した。11月上旬、2コースの治療が終了した時点で、本人の希望にしたがい治療を終了した。その後、2012年2月上旬のMRI 検査でも寛解を維持している。

report37_01.png

考察

この症例はアルファ・ベータT 細胞療法以外の治療を受けておらず、腫瘍縮小は免疫療法の効果によるものである。1 コース終了時の画像ではCR であったが、肉眼的には僅かな凹凸不整があり、micro な癌組織は遺残しているものと考えている。本人の趣味のことがあり手術、放射線治療を拒否されているため、治療効果を高めるためには、化学療法と免疫療法の併用が良いように思われる。しかし現在発症から約1 年が経過し、進行せず無症状で生活されており、本人の希望された状況が維持できている点については、免疫療法が寄与した役割は大きいと考える。

 

  • がん免疫細胞治療について
    がん免疫細胞治療とは、身体のなかでがん細胞などの異物と闘ってくれる免疫細胞を患者さんの血液から取り出し、人工的に数を増やしたり、効率的にがんを攻撃するよう教育してから再び体内へ戻すことで、免疫の力でがんを攻撃する治療法です。この治療は患者さんがもともと体内に有している免疫細胞を培養・加工してがんを攻撃する点から、他の治療のような大きな副作用はなく、また抗がん剤や手術、放射線治療など他の治療と組み合わせて行うこともできます。治療の種類にもよりますが基本的には2週間おきに採血と点滴を繰り返す治療となります。当院では、治療に用いる細胞の違いや培養方法の違いにより、樹状細胞ワクチン療法、アルファ・ベータT細胞療法、ガンマ・デルタT細胞療法、NK細胞療法の四つの治療法を提供しています。
  • リスク・副作用について
    免疫細胞治療は患者さん自身の免疫細胞を治療に用いるので、軽い発熱、発疹等が見られる場合がありますが、それ以外は重篤な副作用は見られず、身体への負担がほとんどありません。副作用が少ないため、生活の質、いわゆるQOL(=Quality of Life)を維持しながら治療を続けることも可能です。
  • 費用について
    治療にかかる費用は、1クール6回~12回投与)実施の場合、治療法にもよりますが¥1,620,000~¥2,691,360が目安となります(初診料、検査費用等は除く)。