臨床症例報告No.24 (PDF版はこちら 肝細胞がん再発例に対する免疫細胞療法(CD3-LAK療法)による6年間の治療経過 瀬田クリニックグループ/ 瀬田クリニック 院長  後藤 重則

  • 種類:肝臓

Introduction

肝細胞がんはウイルス性肝炎、肝硬変を背景として発症することが多く、HCV陽性者が約70%を占める。
治療法としては肝切除、肝動脈塞栓療法(TAE)、エタノール注入(PEIT)あるいはラジオ波焼灼療法(RFA)が行われるが、再発、特に肝内再発が多く、再発例の長期予後は不良である。再発例に対しては治癒を望むことは通常、困難であり、治療の目標は腫瘍の縮小効果などの直接効果ではなく、あくまでも長期予後としての生存期間の延長およびQOLの維持である。今回、肝内再発を繰り返した症例において免疫細胞療法により長期間にわたり無増悪を観察し、現在まで6年間にわたり良好なQOLを維持している症例を報告する。

Case

症例は63歳、女性、1983年にC型肝炎と診断され、フォローされていたが、その後、肝硬変となり、肝細胞がんを発病した。1996年PEITを受けるも、その後、肝内再発し、肝切除術が施行された。術後、経過観察されていたが2000年5月に肝内に新病変が出現した(Figure1)。2000年6月に当院を初診、活性化自己リンパ球療法(CD3-LAK法)単独による治療を2週間隔で開始することとした。初診時の血液検査所見ではAFP38ng/ml、PIVKA-II26mIU/ml、GOT102IU/L、GPT65IU/L、TB0.7mg/dl、白血球3200/μL、血小板5.6万/μLであり、AFPの軽度の上昇、肝機能障害、血小板の低下を観察した。2000年9月までに6回、1コースの治療を終了、同年、10月のCTではStable Disease(SD)であった。その後、4週間隔で治療を継続、2コース12回の治療が終了した2001年4月23日のCTでは腫瘍径は不変(SD)であったが、腫瘍の内部のDensityの低下が観察され、腫瘍の中心部の壊死を示唆する所見であった(Figure2)。その後もCTでの観察を続けながら、4週間隔での単独治療を継続した。肝腫瘍および肝機能は長期にわたりほぼStableで新病変の出現などなく(Figure3)、PSも0で経過した。しかし、2006年1月のCTにて新病変の出現を観察した(Figure4)。肝表面に存在する新病変に対しては、出血のリスクも考慮して、2006年2月16日にTAEを行った。その後も2006年9月現在まで、4週間隔で治療を継続、PSは1で、良好なQOLで経過している。 

Discussion

肝細胞がんに対しては外科手術、TAE, RFAなど有効な局所療法が存在するが、化学療法についての有効性は高いとはいえない。最近、肝動注による化学療法とインターフェロンの併用による有効性が報告されている1)。肝腫瘍に対する免疫細胞療法は、特に肝動注によるスタディで15例中、CR2例、PR3例、MR4例を観察したことが報告されている 2)。瀬田クリニックグループにおいても免疫細胞療法単独で強い抗腫瘍効果を複数例で観察している。肝細胞がんはHCVなど肝炎ウイルス感染が背景にあり、CTLの認識するHCV特異抗原エピトープが同定されており 3)、AFP抗原エピトープとともに抗原ペプチドを用いた特異的免疫細胞療法も可能となっている。肝細胞がんに対して、今後、免疫細胞療法を取り入れた治療法の研究、発展が期待される。

report024_1.jpg

References

1. 門田 守人:進行肝癌に対するインターフェロン併用動注化学療法、医学の焦点、ラジオ日経、2004年8月2日
2. Aruga A, Yamauchi K, Takasaki K, et al. Induction of autologous tumor-specific cytotoxic T cells in patients with liver cancer.
Characterizations and clinical Utilization. Int. J.Cancer 1991; 49: 19-24
3. 井廻道夫. 肝炎ウイルス(1)HCVに対する抗ウイルス免疫応答、ウイルス、52: 151-156, 2002
  • がん免疫細胞治療について
    がん免疫細胞治療とは、身体のなかでがん細胞などの異物と闘ってくれる免疫細胞を患者さんの血液から取り出し、人工的に数を増やしたり、効率的にがんを攻撃するよう教育してから再び体内へ戻すことで、免疫の力でがんを攻撃する治療法です。この治療は患者さんがもともと体内に有している免疫細胞を培養・加工してがんを攻撃する点から、他の治療のような大きな副作用はなく、また抗がん剤や手術、放射線治療など他の治療と組み合わせて行うこともできます。治療の種類にもよりますが基本的には2週間おきに採血と点滴を繰り返す治療となります。当院では、治療に用いる細胞の違いや培養方法の違いにより、樹状細胞ワクチン療法、アルファ・ベータT細胞療法、ガンマ・デルタT細胞療法、NK細胞療法の四つの治療法を提供しています。
  • リスク・副作用について
    免疫細胞治療は患者さん自身の免疫細胞を治療に用いるので、軽い発熱、発疹等が見られる場合がありますが、それ以外は重篤な副作用は見られず、身体への負担がほとんどありません。副作用が少ないため、生活の質、いわゆるQOL(=Quality of Life)を維持しながら治療を続けることも可能です。
  • 費用について
    治療にかかる費用は、1クール6回~12回投与)実施の場合、治療法にもよりますが¥1,620,000~¥2,691,360が目安となります(初診料、検査費用等は除く)。