臨床症例報告No.12 (PDF版はこちら 胃がん術後腹膜再発に対し、免疫細胞療法(CD3-LAK法)単独でPD後、 パクリタキセル併用によってgood PRとなった症例 瀬田クリニックグループ/新横浜メディカルクリニック 院長  金子 亨

  • 種類:胃

Introduction

胃がんの罹患率・死亡率は肺がんに次いで第2位。集団検診の普及により早期胃がんの発見が増加し、様々な縮小手術も試みられているが、進行胃がんや再発例の治療成績は不良である。

Case

症例は67歳男性で、家族歴は特記すべきことなく、HCV(+)も無治療。現病歴は2002年3月25日、胃がん、下部食道浸潤にて胃全摘および下部食道切除、胸腔内Roux-Y吻合。StageIB、CEA:117.6(<5.0)は術後正常値となった。2003年4月17日、CEA:55.7に再上昇も
CT上NEDにて腹膜播種を疑われ、TS-1内服し8月7日にはCEA: 11.1まで低下したが副作用の為中止。その後またCEAは徐々に上昇し2004年6月10日にCEA:383まで再上昇を見たため、当院を紹介された。
  2004年6月25日に当院を初診された。PS:0、摂食:10/10。6月18日のCT上評価可能病変は認めなかったが、CEA:383、CA19-9: 109(<37)と高値であり、weekly TXLとの併用を勧めるも、肝機能低下によりfull dose のTXLを使用できず、主治医と相談の上、2週に1回のスケジュールで活性化自己リンパ球単独療法(CD3-LAK法)を開始した。7月15日、2回目のCD3-LAK投与前より右季肋部~心窩部痛あり、次第に増強傾向にあったが非麻薬性鎮痛剤のみでコントロール可能であった。CEA:449(7/1)⇒707(7/29)⇒689(8/26)、 CA19-9:100⇒103⇒110、9月22日CT上胃吻合部裏面の軟部陰影(32×20mm)を評価病変とした。9月30日より、TXL;60mg/日2週連続投与1週休薬の抗がん剤療法を開始し、休薬週を利用して3週に1回のCD3-LAKを併用した。CEA:852(9/30)⇒427(10/27)⇒ 138(11/11)⇒19.4(12/21)⇒7.4(1/20)⇒4.7(2/24)、 CA19-9:110⇒107⇒78⇒90⇒82⇒80と著名に低下し、右季肋部~心窩部痛も鎮痛剤を要さないまでに消失したため、2005年2月24日より、TXL;60mg/日を隔週投与に緩和し、CD3-LAKも第13回目からは4週に1回の併用とした。併用中のTXLによる副作用は非常に軽微なものであり、CD3-LAKによる副作用は特に認められなかった。3月31日のCT上軟部陰影はほぼ消失しgood PRと評価したが、 4月中に歯科治療にて1ヶ月抗がん剤中断となった後、CEA:4.6 (3/24)⇒4.4(4/21)⇒8.4(5/26)、CA19-9:75⇒61⇒63と漸増を認めたため、更にTXL;60mg/日を隔週投与とCD3-LAKを4週に1回の併用を続け、7月15日現在、CEA:7.0、CA19-9:34.7と抑制中である。

Discussion

胃がんの腹膜再発の治療方法としては、抗がん剤の全身もしくは腹腔内投与が主流となる。最近の論文からTS-1治療後の2nd-lineとして比較的low doseのweekly TXLで治療した計15例の文献を拾ってみたが、CEA:800台まで上昇した状態で60mg/bodyというlow dose TXL単独投与で5ヶ月後にCEAの正常化に持ち込めることは、あまり例のないことである。もちろん、CD3-LAK単独療法ではPDであったので、この症例の場合、TXLとCD3-LAKを併用したことおよびその併用のタイミングによって相乗効果を示してきたものと考えられる。どちらかを先行すべきか、同時がよいかという問題点も含めた両者の併用療法の開始時期、施行頻度と継続期間をいかに設定しながら、腫瘍抑制とQOLの維持を達成していくかが今後の課題である。

report012_1.jpg

References

1. がん診療レジデントマニュアル第3版:国立がんセンター中央病院内科レジデント編
2. Takemura M, Osugi H, Lee S, Kaneko M, Tanaka Y, Fujiwara Y, Nishizawa S and Iwasaki H. Low dose pacritaxel therapy as second-line chemotherapy for patients who
 previously received TS-1 therapy. Gan to Kagaku Ryoho 2004; 31(13): 2183-6.
3. Mizuiri H, Yoshida K, Shimizu K, Tanabe K, Taomoto J, Suzuki T, Wada Y and Hihara J. Weekly pacritaxel therapy is useful for gastric carcinoma as second-line chemotherapy.
 Gan to Kagaku Ryoho 2004; 31(12): 2043-6.
4. Imamura H, Furukawa H, Kishi K, Tatsuta M, Masutani S, Fukunaga M, Nakayama T, Shimizu J, Takemoto H, Kishimoto T, Kato H, Yamamoto K, Fujishima M and Kawasaki T.
 A case responding to weekly pacritaxel therapy as second-line chemotherapy for gastric cancer previously treated with TS-1. Gan to Kagaku Ryoho 2004; 31(11): 1693-5.
5. Makari Y, Fujiwara Y, Yasuda T, Takiguchi S, Kimura Y, Yano M and Monden M. Weekly administration of pacritaxel as a second-line chemotherapy for advanced and recurrent gastric cancer.
 Gan to Kagaku Ryoho 2004; 31(4): 609-11.
  • がん免疫細胞治療について
    がん免疫細胞治療とは、身体のなかでがん細胞などの異物と闘ってくれる免疫細胞を患者さんの血液から取り出し、人工的に数を増やしたり、効率的にがんを攻撃するよう教育してから再び体内へ戻すことで、免疫の力でがんを攻撃する治療法です。この治療は患者さんがもともと体内に有している免疫細胞を培養・加工してがんを攻撃する点から、他の治療のような大きな副作用はなく、また抗がん剤や手術、放射線治療など他の治療と組み合わせて行うこともできます。治療の種類にもよりますが基本的には2週間おきに採血と点滴を繰り返す治療となります。当院では、治療に用いる細胞の違いや培養方法の違いにより、樹状細胞ワクチン療法、アルファ・ベータT細胞療法、ガンマ・デルタT細胞療法、NK細胞療法の四つの治療法を提供しています。
  • リスク・副作用について
    免疫細胞治療は患者さん自身の免疫細胞を治療に用いるので、軽い発熱、発疹等が見られる場合がありますが、それ以外は重篤な副作用は見られず、身体への負担がほとんどありません。副作用が少ないため、生活の質、いわゆるQOL(=Quality of Life)を維持しながら治療を続けることも可能です。
  • 費用について
    治療にかかる費用は、1クール6回~12回投与)実施の場合、治療法にもよりますが¥1,620,000~¥2,691,360が目安となります(初診料、検査費用等は除く)。