×閉じる

当院と連携している全国の医療機関

×閉じる

院⻑挨拶 瀬⽥クリニック新横浜 瀧本 理修(たきもと りしゅう)

瀧本理修
瀧本理修

お一人おひとりの患者さんに適した個別化医療と
QOLを重視した身体に優しいがん治療を

私はかつて、札幌医科大学病院腫瘍診療センター外来化学療法室で、がん薬物療法専門医(腫瘍内科医)として消化器がん、造血器腫瘍を中心としたさまざまな悪性腫瘍のがん薬物療法に携わってまいりました。

がん薬物療法は抗がん剤自体の進歩に加え、種々の分子標的薬などの登場によって飛躍的に治療成績が向上しつつありますが、依然、有害事象の問題などにより患者さんが十分満足される成果を示せているとはいえません。

一方、がん免疫療法は免疫チェックポイント阻害剤などの登場により、今後ますます期待される領域になりつつあります。このような背景から、がんに対する免疫細胞治療と薬物療法の融合にさらなる期待を込め、免疫細胞治療において国内で最も実績のある瀬田クリニックグループに入職いたしました。お一人おひとりの患者さんに適したいわゆる個別化医療と、QOLを重視した身体に優しいがん治療の提供を行ってまいりたいと存じます。

経歴

平成元年 産業医科大学医学部 卒業
平成元年 札幌医科大学医学部 内科学第四講座 入局
平成10年 ペンシルバニア大学ハワードヒューズ研究所
平成13年 札幌医科大学医学部 内科学第四講座 助手
平成17年 同 講師
平成20年 札幌医科大学附属病院 腫瘍診療センター 化学療法管理室 室長
平成26年 札幌医科大学医学部 腫瘍・血液内科学講座 准教授
平成27年 瀬田クリニック新横浜 医師
平成28年 瀬田クリニック新横浜 院長
 
このページの先頭へ