樹状細胞ワクチン療法
1.治療の仕組み がん細胞を狙い撃ちwt1


樹状細胞ワクチン療法とは、
がん細胞を狙って攻撃する治療法です。

樹状細胞ワクチン療法は、樹状細胞の力を利用して、がん細胞のみを攻撃する免疫細胞(CTL)を増殖させる治療法です。

樹状細胞はがんの特徴となる目印(がん抗原)を取り込み、細胞の表面に出す(抗原提示)ことで、がん抗原の情報を免疫細胞(Tリンパ球など)に伝える役割を担っています。Tリンパ球はウイルスに感染した細胞や突然変異した異常細胞などを攻撃する細胞ですが、樹状細胞からがん抗原の情報を受け取るとCTLになり、がん細胞を認識して攻撃できるようになります。樹状細胞ワクチン療法はこの仕組みを用いて、体外で樹状細胞にがん抗原を取り込ませてから体内に戻し、増殖したCTLによってがん細胞を狙って攻撃する治療法です。


樹状細胞ワクチン療法とペプチドワクチンについて

樹状細胞ワクチン療法
樹状細胞ワクチン療法では、体外で患者さん自身のがん抗原を樹状細胞に人為的に取り込ませたり、人工的に作成したがん抗原ペプチドを樹状細胞に結合させることを効率的かつ確実に行います。
さらに瀬田クリニックグループでは、電気刺激によりがん抗原を取り込ませる技術などを用いて、CTLの増殖を格段に高めることが可能となっています。
ペプチドワクチン
樹状細胞ワクチン療法以外に、樹状細胞にがん抗原を結合させることでCTLを増やす治療法には、ペプチドワクチンなどがあります。
これらはがん抗原ペプチドを体に注射することで、体内に存在する樹状細胞にペプチドを結合させますが、注射した箇所の近くにいる樹状細胞に瞬間的に結合させなければならず、樹状細胞自体の能力にゆだねることになります。

樹状細胞の助けにより、CTLががんを攻撃するまで

樹状細胞ががん細胞の目印であるがん抗原をどのように提示し、Tリンパ球に伝えるのかをアニメーションでご説明します。

Adobe Flash Player を取得

樹状細胞はがん細胞に含まれているがん抗原を取り込み、その抗原をMHCクラスI上に出すことで、がん抗原の情報をTリンパ球に伝えます。情報を受け取ったTリンパ球はCTLとなり、がん細胞が出しているMHCクラスⅠ上の同じがん抗原を認識して攻撃するようになります。

しかしがん細胞は、免疫システムによる攻撃を逃れるために、がん抗原が提示されるMHCクラスⅠ自体を隠してしまうことがあります。そうなると、CTLはがん抗原を認識できないため、がん細胞を攻撃することができません。そこで、瀬田クリニックグループでは樹状細胞ワクチン療法が有効であるかどうかを判断するために、事前にがん組織上にMHCクラスⅠが出ているかを調べる検査を行います。

お気軽にお問い合わせください。

  • ○○がんと診断されたのですが、樹状細胞ワクチン療法は受けられますか?
  • 他の治療との併用はできますか?

どのようなご質問でもお受けいたします。

瀬田クリニック東京、新横浜、大阪、福岡および全国の連携医療機関で受けることができます

病院・クリニック一覧を見る

樹状細胞ワクチン療法の特徴

  1. がん細胞を狙い打ち) 樹状細胞の力を利用して、がん細胞のみを攻撃する免疫細胞CTLを効率的に増やします。
  2. 体にやさしい治療) 患者さん自身の細胞を用いるので、重い副作用はほとんどありません。
  3. ほとんどのがん種で適応) がんの種類、ステージを問わず治療を行えます。※一部の白血病、T細胞型悪性リンパ腫の方/HTLV-1抗体陽性の方は治療をお受けいただけません。
  4. 他の治療との併用効果) 抗がん剤、放射線療法などとの併用や手術後の再発予防にも効果が期待されます。

瀬田クリニックグループについて

  • 瀬田クリニックの治療の考え方
  • 免疫細胞治療をもっと知る
  • 免疫細胞治療の費用
  • よくあるご質問
  • 医療法人社団 滉志会 瀬田クリニックグループ
樹状細胞ワクチン療法を受けるには、まず検査が必要です。
まずは検査から 治療前の検査